メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

分散メッキの活用

Before

クロムメッキはその硬度、耐摩耗性、耐熱性、耐食性が特に優れており、様々な用途に使用されています。しかし、クロムメッキは有害な六価クロムを含有する為、環境や安全面から使用を控える傾向にあります。

コストダウン事例

After

分散メッキは硬度、耐摩耗性、潤滑性、離型性を有したものを加工することが可能です。分散メッキは耐食性などクロムメッキに比較して性能が十分でない課題有するものの、クロムメッキの目的とする特性が代替出来るため、活用が広がってきています。

分散メッキは一般に、電解メッキ浴あるいは無電解メッキ浴に不溶性の微粒子を入れて、均一な懸濁液を作り、金属と共に粒子を共析させるもので、複合メッキとも呼ばれています。現在、運用されている分散めっきは用途に応じて硬度、耐磨耗、潤滑性、非粘着性、離型性に大別され、マトリクス金属としてはニッケルが、分散粒子としては硬質、高融点を有する酸化物、窒化物、ケイ酸塩類、ダイヤモンド、PTFEなどが一般的に利用されています。複合メッキは共析させる粒子とそれを固着させる金属の特性を組み合わせる事により、さらに違った特性を生み出す複合材料として注目され、さらなる開発が進められています。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。