メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

光沢スズメッキの活用

Before

制御盤内や電気製品内部に設置されることのある端子の接点部分へのメッキは、スズメッキが多用されます。この接点部分へ無光沢スズメッキを使用した場合、頻繁に脱着すると、表面に擦り傷が出ることがあります。これは、無光沢スズメッキを加工した表面の滑り性や耐磨耗性が悪く、脱着性の劣化や表面外観に問題をきたしているからです。

コストダウン事例

After

光沢スズメッキは、無光沢スズメッキと比較して、表面の滑らかさや、硬さが増すため、滑り性や耐磨耗性が優れています。端子接点部分は、ビスの締結時に強い力で金属がすれるため、滑り制や耐摩耗性の向上は、機械部品の機能として最適です。また、製品の見た目においても、光沢表面の為、キズが目立ちにくくなります。

現在、スズメッキはコネクター等の接点に多く利用されています。圧着端子などは延展性に優れた無光沢スズメッキが多用されますが、繰り返し脱着するような接点端子には滑り性の問題などから無光沢スズメッキはあまり使用されません。しかし、接点端子に光沢スズメッキを使用すると、表面の滑らかさと硬さが増すため、接点端子に関しては有効な選択になります。このように同じスズメッキでも用途に合わせたものを選択する事で、製品の品質を向上させる事が出来ます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。