メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

電食防止のための表面処理

Before

ガルバニック腐食(異種金属間腐食)は上記の様なメカニズムで発生し、主に水溶液中で発生します。上記の事例を例にとると、SUS、Fe(鉄)、水系が回路を作る事により局部電池を形成し、SUS表面では水酸基の発生、Fe表面ではFeの溶解(イオン化)が起こります。溶出したFeはその後酸素と結合して錆として表面に残ります。水系で使用しない部品でも、雨ざらしの環境で使用したり、空気中のわずかな水蒸気の吸着により局部電池が形成され、徐々に腐食が進行します。

コストダウン事例

After

局部電池を形成しない方法として、金属表面を絶縁膜で覆ってしまい2種の金属が電気的に接触しないようにする事が効果的です。電気的に絶縁することで、局部電池の形成を防ぎ、ガルバニック腐食を防止します。湿式のメッキ技術を用いた化成処理、電着塗装処理をすることで、複雑な形状の素材にも絶縁被膜を均一に施す事が可能です。

 ガルバニック腐食(異種金属接触腐食)は異種金属が接触する事で発生しますが、その発生メカニズムに関してはそれぞれの金属の持つ標準電極電位の違いから起こる事が知られています。腐食を発生する要素としては異種金属が接触をしていてなおかつ回路を形成している事が必要になります。ガルバニック腐食を防ぐ方法の1つとして、金属間を絶縁する方法がありますが、メッキ技術を用いた方法としては化成被膜、電着塗装などがあります。化成処理、電着塗装処理は、複雑な形状の素材にも絶縁被膜を均一に施す事が可能です。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。