メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

電食防止のための亜鉛メッキ

Before

鉄素材の製品は非常に腐食(錆びる)しやすい金属ですが、異なる金属製品と組み合わせる事でさらに腐食しやすくなる事があります。異種金属の組み合わせで電位差が発生し、その結果発生した電流で腐食が促進されることを「電食」といい、水分を介すると加速します。屋外で使用する金属製品は特にこの「電食」が問題になります。世の中では、屋外などでアングルやフレームと締結部品の組合せで、意図せぬ電位差を発生させている現象をみることがあります。

コストダウン事例

After

鉄製品は亜鉛めっきをすることで、この「電食」を防止、軽減することが出来ます。この原理は、腐食電流が発生した場合、電位差から亜鉛が犠牲になって腐食し、素材の鉄を守るからです。この原理を用いて、鉄製の工業用締結部品(ボルト、ナットなど)は、ほとんどが亜鉛めっきされるようになりました。

金属は特有の標準電極電位を持っています。異なる種類の金属が接触する事で、その電位差から金属間で電気化学的に相互作用(腐食電池)が生じ、電流が発生します。その結果発生する電解腐食のことを「電食」と呼びます。電食はたびたび屋外で使用される製品や船舶で問題視され、亜鉛などの犠牲金属を接続したりして対応していますが、亜鉛めっきを活用する事で防錆性と同時に装飾性も実現できます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。