メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

メッキ.com よくある問合せ

Q -よくあるご質問

バレルメッキで薄板品の重なり不良で困っています。

A -メッキ.comからのご回答

一番の解決法はラックメッキへの変更ですが、生産能力低下やラック掛け作業によるコストアップ。又、形状的に引っ掛け部分の有無や、引っ掛け部分がない場合に張り治具を使用した際の治具痕の問題等、採算面・品質面で問題も多くあります。

バレルメッキでの対策案としてはダミーを利用してメッキ処理する方法があります。

ワークと一緒にダミー(異形状品)を混ぜてメッキ処理する事で、板状のワーク同士の重なりを解す役割を行い、ワーク同士の重なり不良が軽減出来ます。

しかし、デメリットも含んでおります。

①ダミーを混ぜる事でワーク投入量が減ってしまい生産能力が若干低下する

②ダミー形状によってはワークと思わぬ絡み方をする事がありダミーの選定が難しい

③メッキ処理後、ワークとダミーを選別する手間がある

メッキ.comでは、長年の経験からワークとダミーの最適投入量比率や、ワークに対するダミーの選定方法、さまざまな形状に対応する事が出来る数種類のダミーを保有しております。

バレルメッキで重なり不良でお困りの方はメッキ.com担当者までご連絡下さい。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。