Answer (回答)

コネクタとは、英語のConnect(コネクト)が語源のようです。

これは「つなぐ」という意味ですので、コネクタは、機器をつなぐために使用するものの総称となっております。

特に工業機械ではあらゆる部分がつながれることによって配線されており、その接続部分に用いられている部品がコネクタであり、電気製品のコンセントやパソコンなどで用いられるUSBケーブルの差込部もコネクタの一種です。

コネクタは、使われる用途や環境に応じて、様々な種類(材質、形状、寸法、等)が出回っており、それらの多数の部品でメッキ処理が実施されています。

 「メッキ.com」では、様々な材質(コネクタでは主に黄銅、りん青銅、ベリリウム銅、洋白、丹銅、カドミウム銅、銅、ニッケル、すず合金)に対応し、ワークでは、フープ材の状態での連続メッキから、加工後部品のバレルメッキ、ラックメッキなど、メッキ種類としては、主に金、銀、ニッケル、すず等の試作、量産についてなど、お客様からの相談をいつでも承っておりますので、

コネクタのメッキでお困りの方、又は、コネクタのメッキ処理を御検討されている方は、

「メッキ.com」担当者までご連絡下さい。