メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品開発・設計のための基礎知識メッキとは

メッキとは

 メッキ処理は古代から行われており、奈良・東大寺の大仏も金メッキを施されています。古来行われていた方法は金を一度水銀と混合してからメッキを行う手法だったので、一度「金」が失われるという意味で「滅金」と呼ぶようになったという話が一般的です。この滅金が時代を経るに従い、金を塗布するということから「鍍金」へと変化していったといわれています。

奈良・東大寺の大仏の金メッキ(鍍金)加工

メッキとは

 メッキとは金属や非金属の表面を金属の薄い膜で被覆する技術のことを総称して言います。数多くの製品に用いられており、またメッキ自体の種類も非常に多く、製造業においては必要不可欠の技術と言えます。元来は主用途として、防錆や防食のために用いられてきましたが、メッキ技術の発展とともに、耐摩耗性や硬度向上、潤滑性など金属に数多くの機能性を付加する技術が開発されています。

金属や非金属にメッキ加工

メッキとは

メッキの分類

メッキの方法を大別すると「湿式メッキ」と「乾式メッキ」に分けることができます。「湿式メッキ」は水溶液を用いて電気分解や化学反応を用いてメッキを行います。「乾式メッキ」は水溶液を用いずにメッキを行います。乾式メッキの中には、大きく真空中でメッキを行う真空メッキと、溶融した金属中でメッキを行う溶融メッキが存在します。

湿式メッキ|乾式メッキの違い

湿式メッキ|乾式メッキ

メッキの設備

メッキと一口に言っても、メッキを行うに当たってはさまざまなやり方が存在します。メッキの手法によっては、設計上制約を受けたり、コスト高となる場合があるため、設計者はメッキに使用する設備や手法をよく理解しておくことが重要となります。

量産用 バレルめっき装置

バレルめっき装置

連続装置メッキ装置

連続装置メッキ事例

ラックメッキ装置事例

ラックメッキ装置事例

かごメッキ装置事例

かごメッキ

ふで(ブラシ)めっき装置

ふで(ブラシ)めっき

複合メッキ装置

複合メッキ装置

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。