亜鉛メッキは防錆被膜として、産業用機械や建築資材等に広く利用されています。亜鉛メッキは犠牲防食被膜と呼ばれ、亜鉛自身が劣化することで、中にある母材を保護する働きをします。純粋な亜鉛メッキではありませんが(アルミと亜鉛、珪素を含む)ガルバリウム鋼板は、亜鉛の腐食箇所がメッキ層の腐食の進行を止める働きとして活用されています。また、亜鉛メッキは機能的な防食目的だけでなく、装飾目的としても高い評価を受けています。

また、近年ではメッキ液の進歩により均一電着性にも優れています。

この様に材料へ機能付加をもたらす大変素晴らしい亜鉛メッキですが、耐食性については亜鉛メッキの品質や状態:メッキの膜厚や後処理に大きく影響を受けます。ですから、使用目的や使用環境に合致した的確なメッキ仕様にする必要があります。

亜鉛メッキでは通常、メッキ後にクロメート処理を行います。クロメート処理を行うと未処理のモノに比べ、耐食性が劇的に向上します。これは、亜鉛メッキの表面にクロム酸を含むクロメート被膜が生成し、亜鉛メッキ表面を保護するからです。

クロメート被膜は被膜中に含有する6価クロムの量が多いほど耐食性に優れており、クロムの含有量により色調が異なります。

広く利用されてきた6価クロメート被膜ですが、グリーン調達(グリーン調達とは、環境省が地球環境への有害性の少ない製品を優先的に採用するように促した法律)の普及に伴い、6価クロムを使用しない3価クロメート被膜が実用化されています。3価クロメートは6価クロメートの代替えとして開発されたものであり、3価クロメートにも色調の異なるものがあります。

具体的には光沢クロメート、有色クロメート、黒色クロメートがあります。研究により3価クロメートの耐食性は飛躍的に高くなってはいます。しかしながら、現状では6価クロメートに及んでいないのも事実です。

その為、クロメート被膜の上にトップコートをすることで更に耐食性を高めようとする動きもあります。

メッキ.comでは亜鉛メッキ及びクロメート処理を行っております。現在は鉄道や自動車に使用される部品のメッキを主に行っています。

 

亜鉛メッキやクロメートについてはメッキ.comまでお問い合わせください。