Before (改善前)

2つ以上の金属部品を接合する場合、通常はネジや接着剤などを使用して接合します。しかしながら、ひとつずつネジ留めすることは大変工数が掛かります。また、接着剤は経時に伴って劣化するため、製品に悪影響を与えます。

V

After (改善後)

製品機能に影響の無い箇所に対して金属と樹脂の接合技術により各金属部品を粗化します。その箇所に樹脂を注入することで2つ以上の金属部品を樹脂で一体成形することが出来ます。

これにより、ネジ留め工数の削減、経時劣化を無くすことが出来ます。

POINT(要約)

樹脂の2箇所以上に金属を接合させる製品、または金属の2箇所以上に樹脂を接合させる製品の場合、金属または樹脂の部品の点数だけネジ留めなどの接合作業が必要になります。金属と樹脂の接合技術を利用することにより、一度の成形で全ての部品が一体となった製品にすることが出来ます。