Before (改善前)

樹脂と金属を物理的に接合する為には、ネジやボルトによって止める方法があります。しかしながらネジの緩みによりボルトが外れ、製品自体が動かなくなったり、外れたボルトが他の製品に混入する恐れがあります。

V

After (改善後)

樹脂と金属の接合技術を利用することで、樹脂と金属を直接接合する為に、ネジやボルトを使用する必要が無くなります。その為、ネジやボルトが外れるといった心配が無くなり、製品の機能維持や混入防止に繋がります。

POINT(要約)

金属と樹脂を接合する為にはネジや、ボルトによる接合が一般的に利用されています。しかし、ネジやボルトが緩み、外れてしまうと製品自体の機能が失われることにもなります。金属と樹脂の直接接合技術を利用することで、ネジやボルトを使用することなく金属と樹脂を接合することが出来ます。つまりはネジやボルトが外れることによる製品自体の不具合要因の撲滅や、外れたネジやボルトによる他製品への混入防止にもなります。