Before (改善前)

配管には金属製や樹脂製のものがあります。使用用途によっては金属製と樹脂製の配管を結合する場合があります。配管に液体を流す場合その結合部から液漏れする場合があります。シーリング材などを使用する方法も用いられていますが、完全ではありません。

V

After (改善後)

金属と樹脂の一体成形技術を用いることで、金属と樹脂の間から液漏れする心配が無くなります。これはヘリウムリーク試験などによって証明されています。

POINT(要約)

金属製部品と樹脂製部品をジョイントして液体や気体が中を通る場合、その結合部から液体や気体が漏れ出すことがあります。金属と樹脂の一体成形品技術を利用した一体成形品を使用することで金属と樹脂の隙間から液体や気体が漏れ出すことが無くなります。