Before (改善前)

金属と樹脂のインサート成形では、金属が樹脂から抜け落ちないように金属に引っかかり箇所を設ける必要があります。その部分は製品機能には関係なく、金属と樹脂のインサート成形技術を使用する以上必要不可欠なものとして設計されてきました。

V

After (改善後)

金属と樹脂の直接接合技術を使用すると引っかかり箇所を設ける必要が無くなります。その為、使用する金属材料が少なくて済み、軽量化、材料削減、設計簡略化、強度強化などのメリットが生まれます。

POINT(要約)

金属と樹脂のインサート成形では樹脂から金属が抜け落ちないように、設計の段階で引っかかり部分を設ける必要がありました。ですが、金属と樹脂の直接接合技術を使用すると、引っかかり部分を設ける必要が無くなり、製品の軽量化や金属材料の削減、設計の簡略化、強度強化など多くの製品性能の向上が得られます。