Before (改善前)

耐環境性UPのために、金属表面に塗装や樹脂コーティングがなされますが、コーティングの劣化とともに、コーティング表面に割れ、剥がれが発生してしまいます。特に樹脂が、剥離するような破壊環境では、素地から樹脂が離脱してしまい、金属表面がむき出しになってしまいます。

V

After (改善後)

金属と樹脂の一体成形技術を利用することにより、接着面は図のような凹凸の物理構造で密着しており、樹脂が劣化しても表面に残留し、耐環境特性をぎりぎりまで保持します。

POINT(要約)

耐環境性やその他の特性を持たせるために、金属表面に樹脂をコーティングされますが、劣化をすると樹脂がもろくなり、表面から割れ、剥がれが生じてしまいます。しかし、金属と樹脂の接合技術を用いると、接合面が凹凸なため、コーティングを残留させることが出来ます。このため、耐環境特性をぎりぎりまで保持します。