Before (改善前)

防水の必要性から組み立て時に、金属にゴムパッキンをはめ込む製品がありますが、ゴムが捻じれたり、たわんだりする為、組み立て効率が悪くなります。

V

After (改善後)

金属と樹脂の直接接合技術を利用することで、防水ゴムパッキンと金属を直接接合することができ、作業性が向上します。また、製品使用時にも振動等によりズレることが無くなります。

POINT(要約)

防水性が必要な製品の中にはゴムパッキンをはめ込む製品がありますが、組み立て時にゴムが捻じれたり、たわんだりする為に作業性が悪いです。金属と樹脂の接合技術を利用することで、ゴムパッキンと金属を直接接合することが出来、面倒な組み立て作業をする必要が無くなります。