Before (改善前)

金属と樹脂を接合するにはネジやボルトなどの固定や接着剤を使用した方法がありますが、ベースとなる樹脂部品に複数点の金属部品を接合する場合、金属部品の点数だけ穴あけ加工やネジ留め、接着剤の塗布などが必要になり、部品点数が増えるほど工数が多くなります。

V

After (改善後)

金属と樹脂の一体接合技術を利用すると、処理した金属部品を金型に全て並べて樹脂成形することで、ベースの樹脂に全ての金属部品を一度に接合することができます。また、必要最低限に樹脂使用を抑えることが出来る為、軽量化や材料費の削減、製品の肉薄化に繋がります。

POINT(要約)

金属と樹脂の接合にはネジやボルトによる固定や接着剤を使用した貼り合わせなどがありますが、複数の金属部品を取り付ける場合、その部品点数だけ作業が倍々になります。金属と樹脂の一体接合技術を利用すると、金属部品の点数が多くても、一度の工程で全ての金属と樹脂を接合することができ、作業性が改善されます。