Before (改善前)

通常、金属のインサート成型では金属と樹脂が密着しているだけです。温度などの環境変化によっては金属と樹脂の膨張係数の違いにより容易に隙間が生じ、液体や空気が入り込んでしまいます。

V

After (改善後)

樹脂と金属の直接接合技術を利用することで、樹脂と金属の間を強力に接合し、インサート成型後に液体や空気が入ることが無くなります。(ヘリウムリーク試験などにより実証されています。)

POINT(要約)

 通常の樹脂と金属を一体化させるインサート成型では、容易に樹脂と金属の間に隙間が生じて液体や空気が入り込んでしまいます。樹脂と金属の直接接合技術を利用することでインサート成型後に隙間が生じることが無く、液体や空気が入ることが無くなるため、製品に気密性を付与することが出来ます。