Before (改善前)

金属製品にはさまざまな目的で、テープが貼られることがあります。しかし、さまざまな制約により、使用材料が制限され、十分な密着強度を得られないことがあります。金属表面は基本的に粗度が小さい為、ほかの材質に比較して、密着強度は得られない傾向にあります。

V

After (改善後)

金属表面の粗化をすることで、表面に微細な凹凸を形成し、表面積が増加することでテープとの密着性がUPします。(この際、粗化の深度は粘着剤の厚さ以下にする必要があります。)

POINT(要約)

金属製品にはさまざまな目的で、テープが貼られることがありますが、さまざまな制約により、使用材料が制限され、十分な密着強度を得られないことがあります。そこで、金属表面の粗化をすることで、表面に微細な凹凸を形成し、表面積が増加することでテープとの密着性がUPします。このように、表面の粗化技術は直接的な接合だけでなく、補助的な活用方法としても利用できます。