Before (改善前)

外装がアルミ製のリチウムイオン電池では様々な部品が使用されます。中でも集電体は電気の導通に重要な役割を果たしています。しかしながら現状Oリングやボルト留めなど大変な工数が掛かっています。

V

After (改善後)

リチウムイオン電池のアルミ蓋と、銅及びアルミ集電体に金属粗化処理を施します。それらの部品に樹脂との一体成型を行うことで、従来工法に遜色ない接着性と気密性を得ることが出来ます。また金属粗化処理を使用した工法によりガスケット等の必要が無くなります。

POINT(要約)

リチウムイオン電池はさまざまな部材が組み合わせられています。中でも電池のアルミ製蓋は内部の部材や電解液が出ないようにする為、Oリングやガスケットなどを使用した高い気密性が求められます。そこで樹脂と金属による一体接合技術を用いることにより、現状と同等の接着性と気密性を得ることが出来ます。また電池の軽量化にも繋がります。