Before (改善前)

樹脂と金属の一体成型による接合耐久寿命の向上 Before

金属と樹脂を接合する場合、接着剤又はネジ等で固定し金属と樹脂を接合させると
部品点数、工程数が増えるため、接着剤で接合する場合があるが、接着剤の場合、接着剤が金属や樹脂に比べ劣化しやすく、経年使用した場合、耐久性に問題があります。

V

After (改善後)

樹脂と金属の一体成型による接合耐久寿命の向上 After

金属と樹脂の一体成型技術を利用することにより、図のような凹凸を利用した物理構造で、樹脂と金属間を強力に接着します。また接着剤を使用しない為、接着剤の劣化を心配する必要がなくなります。

POINT(要約)

樹脂と金属を接合する方法に接着剤を使用するの選択肢がありますが、接着剤を使用した場合、経年劣化し、接合密着度が弱くなる可能性があります。特殊な金属表面処理を行うことで、金属表面に凹凸を形成し、そこへ樹脂を射出成型することで強力な物理的な接合(アンカー効果)が可能になります。物理的な作用による接合の為、接着剤等の材料劣化による耐久性の弱さを向上させることが出来ます。