Before (改善前)

樹脂と金属の一体成型による工数削減 Before

接点部品で接点として金属部が必要な製品の場合、樹脂材料に何らかの方法で金属部品を取り付ける必要があります。ネジ留めやカシメなどにより接点となる金属部品を固定する場合、工数がかかってしまいます。

V

After (改善後)

樹脂と金属の一体成型による工数削減 After

金属と樹脂の一体接合技術を使用することで、樹脂と金属を界面レベルで接合させ、ネジ留めやカシメ工程を無くすことが出来ます。また、面での接合により形状によっては使用する金属材料が大幅に削減され、形状加工工程をも無くすことが出来ます。

POINT(要約)

接点部品などの用途で、樹脂に接点金属の取り付けが必要な場合にはネジ留めやカシメ等で固定する必要があります。このような部品には金属と樹脂の一体接合技術を利用することでネジ留めやカシメ工程の削減、また形状によっては金属材料や形状加工費の大幅な削減を図ることが可能になります。