Before (改善前)

樹脂と金属の一体成形による軽量化及びコストダウン Before

金属部品やダイキャスト品は機械的強度および耐久性が求められる場合が多く、
薄肉化による軽量化やコストダウンは難しいと考えられています。

V

After (改善後)

樹脂と金属の一体成形による軽量化及びコストダウン After

金属と樹脂の一体接合技術を使用することで、樹脂と金属を界面レベルで接合させ、樹脂・金属の一体成形部品へ変更することで、金属単体の材料よりも軽量化が可能になります。

POINT(要約)

特殊な金属表面処理技術を使用することで金属表面を粗化し、樹脂と一体射出成形を実施することで、強度が必要な部分を金属に、それ以外を樹脂に変更することで、部品を軽量化することが可能になります。
また、ネジなどで締結されている部品を一体成形で一つの部品にまとめ、組み立て工数を削減でき、コストダウンが可能となります。インサート射出成型、トランスファモールド成形、ヒートプレスなど幅広い成形技術に対応が可能です。