Answer (回答)

品質管理は薬液の管理、処理表面の管理、樹脂成形の管理の3種類となります。薬液の管理は、金属濃度・酸濃度などの分析項目を滴定などの方法により測定し、補給するべき薬液の種類・量を計算して補給します。処理表面の管理は性能が金属表面の微細凹凸形状によるものですので、エッチング量・L値・粗度で数値管理をすることができます。数値管理ができるため、処理状態が悪化する前に兆候を察知することができ、良好な表面処理を維持することができます。樹脂成形の管理に関しては成形方法が多岐にわたるため、成形メーカーでの独自の管理が必要となります。詳細についてはメッキ.comへお問い合わせください。