Answer (回答)

メッキ.comの金属と樹脂接合技術は、アンカー効果により金属と樹脂が物理的な接合を目的としており、金属と樹脂接合後の引張強度試験では接合部より先に樹脂側が破断することが確認されています。メッキ.comでは金属と樹脂の接合界面において接着剤などを一切使用しておらず、金属と樹脂を直接接合することができます。また、ヒートサイクル試験や高温高湿試験による加速試験では接合部の劣化は認められておりません。金属と樹脂を直接接合している為、金属と樹脂の接合部は環境の影響を受けず、金属または樹脂が劣化するまで接合部は劣化しません。メッキ.comの金属と樹脂接合技術で金属粗化した製品は表面の凹凸形状が損なわれない限り効果が持続します。詳しくはメッキ.comまでお問い合わせ下さい。