低温熱処理による硬質無電解ニッケルメッキのメリット

低温熱処理による硬質無電解ニッケルメッキは、無電解方式の特殊ニッケルメッキを

200~250℃程度で熱処理することにより、硬質なニッケルメッキ膜を生成する技術です。

一般的な無電解ニッケルメッキの熱処理とは異なり、熱処理温度を低く設定することが出来ます。

熱処理温度が低くなることにより様々なメリットがあります。

 

一般的な無電解ニッケルメッキの熱処理と硬度

 

無電解ニッケルメッキは熱処理することで、硬度を高くすることができます。

一般的なメッキ直後の硬度は500~700Hv程度です。

これは切削工具などに数多く使用されているSKT6(合金工具鋼材)500Hv程度や

SKH56ハイス鋼(ハイスピードスチール)700Hv程度と同等となります。

 

無電解ニッケルメッキでは熱処理を行うことでメッキ膜の硬度を900Hv程度まで

向上させることができます。

 

熱処理は、硬度を向上させることのできる非常に優れた技術です。

しかし、熱処理はメッキ膜の硬度を向上させることができますが、

母材となる金属にとっては必ずしも良いものであるとは限りません。

その理由と対策をご紹介します。

 

低温熱処理による硬質無電解ニッケルメッキのメリット

 

一般的に無電解ニッケルメッキを高硬度化する熱処理温度は300℃~400℃程度になります。

これは硬さを必要とする鋼材にとっては致命的です。

何故ならば、400℃程度の温度で熱処理を施した場合、鋼材を焼き戻しすることになり、

鋼材を軟化させてしまう恐れがあるからです。

また、歪みの原因になることもあります。

 

低温熱処理による硬質無電解ニッケルメッキでは200℃~250℃程度で熱処理することが可能であり、

鋼材を焼き戻してしまうことがありません。

また、熱処理温度が高ければ変色してしまうことがありますが、低温熱処理ではその心配もありません。

 

 

メッキ.comでは、低温熱処理による硬質無電解ニッケルメッキ処理を行っております。

詳しくはメッキ.comまでお問い合わせください。

 

 

 

 

 

技術ブログサムネイル 第22回 フラッシュメッキとストライクメッキの利用による密着性や製品性能の向上

フラッシュメッキはニッケルメッキ鋼板などの先メッキ材などのメッキ材に対して、加工後に薄いメッキを行うことで、端部など切り口の断面剥き出しを防ぎ、製品の耐食性など、製品性能を向上させる技術です。こちらではフラッシュメッキについて説明しています。