メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

バレルメッキに品質向上をもたらす製品形状設計

Before

角が尖っている構造を持つ製品などをバレルメッキする場合、このエッジ部分が干渉し、キズがつきやすいため、キズを嫌う製品は今までラッキング(メッキ治具に設置)でメッキをしていました。ラッキングをすると加工作業に手間が掛かり、加工コストが高くなっていました。また、素地に達する傷がつく事で錆びの原因にもなっていました。

コストダウン事例

After

エッジ部分の形状を丸く設計することで、バレルメッキ時の製品同士の接触によるキズを軽減する事が出来ます。このように少し形状を変更するだけで、いままでバレルメッキをする際に、エッジ部分の保護対策作業によるコスト増加から実現できなかった製品にも、バレルメッキが出来るようになります。

 バレルメッキはバレル内に製品をガサ入れし、バレルを回して中身を混合しながらメッキをするため、どうしても製品同士が接触します。このため、打痕、キズが発生したり、製品の絡まりによる変形等がメッキ自体の品質不良につながります。製品の形状を丸みの帯びた形状に変更することで傷の発生を軽減できます。そうすることで、今までラッキングメッキしていた製品がバレルメッキ可能になったり、バレルメッキ製品はその歩留り向上を実現できます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。