メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

高周波特性を必要とするコネクタへの下地メッキ選択

Before

コネクタへのメッキでは母材金属から上層めっきへの拡散防止として、間にニッケルメッキをされることが多くあります。ニッケルメッキをする事で接触部表面の耐摩耗性向上にも役立っています。しかしながら、高周波特性(導波性)が要求される情報信号伝送用コネクタの場合には強磁性金属であるニッケルメッキは伝導損失が多くなり適していません。

コストダウン事例

After

高周波特性を必要とするコネクタへの下地メッキ選択 After

高周波領域では金属表面に電流が流れる表皮効果が起きます。反磁性金属である銅メッキを下地に施し、表面には銀メッキをすることで製品に特性付与することができます。

コネクタへのメッキでは下地に拡散防止としてニッケルメッキをすることが一般的ですが、高周波領域で使用する製品の場合には磁性により伝導ロスが大きくなってしまいます。導波管など高周波領域で使用する製品の場合には、下地に銅メッキを施し、銀メッキをすることで高周波特性を最大限引き出すことが出来ます。電子回路では必ず周波数特性を持ちます。低周波では特に気にする必要はありませんが、高周波になると周波数特性を考慮した設計が必要となります。適切な下地メッキを選択することにより製品の品質向上に繋がります。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。