メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

防錆を目的とした亜鉛めっきの選択肢

Before

防錆を目的とした亜鉛めっきの選択肢 Before

鉄製品は防錆を目的として亜鉛めっきを施されますが、亜鉛めっきはその後の化成処理(クロメート処理)と併せて加工されます。過去には化成処理はその耐食性の観点から6価クロムを使用していましたが、最近のRoHS指令対応を踏まえ、化成処理に6価クロムの使用が制限されるようになりました。そのため、3価クロムを使用した化成処理にシフトを余儀され、3価クロムの化成処理は耐食性、外観に問題があります。

コストダウン事例

After

防錆を目的とした亜鉛めっきの選択肢 After

近年になり3価クロムの化成処理も、色合いも6価クロメートと同じ有色、光沢、黒色のものが開発されています。また、さらなる機能性を持たすために亜鉛めっき自体を合金めっき化させたものがあります。亜鉛-ニッケル合金は耐食性、耐熱性に優れ、亜鉛-スズ合金はハンダ性、延展性に優れています。亜鉛-鉄合金は黒色仕上げにて耐食性が優れ、他の亜鉛合金めっきより安価です。

亜鉛めっきの表面は仕上げの化成処理をしない場合は、銀白色をしています。そこへクロメート処理をする事で、装飾的な表面を得られるだけでなく、強い耐食性を得る事が出来るため過去より亜鉛めっきとクロメート処理は併せて処理されてきました。最近のニーズの多様化により亜鉛めっきの仕上げに様々なバリエーションが登場しています。RoHS対応のために6価クロムを使用しないもの、さらなる耐食性や二次加工性を求めて亜鉛自体を合金化したものが開発されました。設計者は製品の用途を考慮したうえで、上記のような仕上げ表面を選択する事が可能になります。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。