メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

メッキ光沢度の違いとハンダ濡れ性

Before

メッキ光沢度の違いとハンダ濡れ性 Before

部品の中にはメッキ処理後にハンダによって接着させるものがあります。しかしながらハンダが上手く広がらないという問題がままあります。実際にあった事例として、部品のメッキ仕様が光沢メッキであったことが要因の一つでした。光沢メッキのメッキ表面は比較的平滑である為、ハンダが広がりにくいという問題があります。

コストダウン事例

After

光沢仕様のメッキを無光沢や半光沢程度の仕様に変更することでハンダの歩留まり率が向上します。無光沢や半光沢のメッキは光沢のメッキに比べて表面が粗い為、ハンダが広がり易くなります。

部品の中にはメッキ後にハンダ付けを行う設計の物があります。しかしながら、メッキの仕様が光沢の為、ハンダ濡れ性が悪く手直しが必要なことがあります。
設計の段階でメッキの仕様を無光沢や半光沢にすることにより、後工程でのハンダ接着による歩留まり率を向上させることが出来ます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。