メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

ラックめっき品(引っ掛け)製品形状設計

Before

ラックめっき品(引っ掛け)製品形状設計 Before

上記のようにメッキ治具の引っ掛け孔があらかじめ設定されている場合、その形状(位置)に合わせたメッキ治具がそれぞれ必要となります。その結果、専用治具の開発・作成や既存治具を使用する場合、治具角度に制限がある為、メッキ治具の枝折れや劣化が進むこととなる為、めっき治具を長く使用している中で治具メンテナンス費用が掛かることとなります。

コストダウン事例

After

ラックめっき品(引っ掛け)製品形状設計 After

あらかじめ、既存設備の治具角度や線径・位置が分かっていれば、その位置にメッキ治具位置の設計をすれば、新規にメッキ治具の作成コストを抑えることが出来ます。また、メッキ治具への負担が抑えられて、メッキ治具の更新頻度も抑えることが可能となります。

引っ掛け(ラック)メッキでの治具選定は、メッキ仕上がりに大きく影響し、品質への影響も大きくなります。また、既存のメッキ治具を使用することでトータルのコストを抑えることも可能です。製品の品質を決定するためには、表面処理工程のメッキ治具形状を考慮する必要があります。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。