メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

表面処理の品質向上を実現する製品形状設計

Before

表面処理の品質向上を実現する製品形状設計 (Before)

製品によりメッキ加工後に潰し工程(カシメ)のあるものがあります。上の写真の例では先端部のRを形成する際、肉の積層が発生し、カシメ後にクラックが発生します。クラックが発生すると、耐食性が悪くなり、その部分から腐食の問題が発生する可能性があります。

コストダウン事例

After

表面処理の品質向上を実現する製品形状設計 (After)

金型改善またはバレル研磨を付加する事で先端部にRをつけ、先端部分の負荷を軽減させることが出来ます。このことによりカシメ時のクラックの発生を抑える事ができ、製品の品質向上を実現します。

カシメ部品の場合、めっき皮膜を形成していても、カシメ後にクラックが発生していれば、耐食性は著しく低下します。そのため先端部(カシメ部)はできるだけ丸みを帯びた形状にし、先端潰し(カシメ)時の負荷を軽減、クラックの発生を抑えることが製品の品質向上につながります。カシメなどの二次加工の必要な部品に関しては予めメッキ膜を考慮した製品設計が必要になります。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。