メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

ニッケルメッキ被膜指定による耐食性向上

Before

腐食性の強い環境下での使用が想定される製品の場合、クロムメッキ部にクラックやピンホールなどの微細な欠陥があるとクロムメッキ、ニッケルメッキを貫通した腐食孔が素地に達し、やがて素地が腐食してしまいます。

コストダウン事例

After

一般的にはニッケルメッキに含まれるイオウ成分の量が多いほど自然電位が低く、光沢ニッケルメッキは半光沢ニッケルメッキより多くのイオウ成分を含んでいます。ニッケルメッキ部をイオウ成分の多い光沢ニッケルメッキ、半光沢ニッケルメッキの2層に分けて電位差をつける事により、腐食孔は2種類のニッケルメッキ間で電気的に防食される為、素地への腐食を緩慢にする事が出来ます。

装飾クロムメッキを施した製品を劣悪な環境下で使用する場合には、下地のニッケルメッキ部を2層に分ける事により更なる耐食を求める事が出来ます。さらに耐食性を高めたメッキとして、2層のニッケルメッキの間に高イオウ含有のニッケルを挟んだ3層ニッケルメッキの技術もあります。また、そこまで耐食性を求めない場合は2層メッキを単層メッキにする事によりコストダウンを図ることも出来ます。このように使用環境に合わせてニッケルメッキ被膜を指定することにより、製品に適した品質とコストを求めることができます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。