メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

耐候性が必要な先メッキ材を使用するプレス部品のトラブル防止設計

Before

現代においては鉄鋼メーカーの技術進歩により、プレス加工に用いる先メッキ材として Ni メッキ鋼鈑が広く普及しています。しかし屋外や塩害地区にもちいるような製品の場合、耐候性が不足し、先メッキ材であってもサビや表面の劣化が起こることがあります。プレス加工時における表面へのダメージもトラブルの原因のひとつです。

コストダウン事例

After

屋外や塩害地区に用いる製品においては、先メッキ材であったとしても、メッキ処理を行うことで耐候性を高めることが可能となります。Ni メッキ鋼鈑に対してはフラッシュメッキを選択することでメッキの上にもメッキを乗せることが可能になります。プレス加工時の表面へのダメージについてもフラッシュメッキにより対策が可能となります。

先メッキ材はメッキ工程を省略することができるため、一般的にはコストダウンのための材料として用いられます。しかし屋外品や電子部品、自動車部品など、メッキ品質が重要となるような部品においては先メッキ材のメッキ品質が不足するトラブルが起こりやすくなります。そのため、先メッキ材を用いる場合であっても、メッキの機能性が欠くことのできない場合は、フラッシュメッキを用いることで耐候性の向上を図ることができます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。