メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

バレルメッキ処理を行うプレス加工品の材料変更による品質向上設計

Before

バレルメッキ処理を行うプレス加工品の材料変更による品質向上設計 Before

上図のようにブライト材でプレス加工したものをバレルメッキ処理した場合、攪拌による擦れキズが目立ち不均一な仕上がりとなることがあります。外観的に擦れキズが承認されない場合には、バレルメッキではなく別の方法でメッキを行う必要があり、例えば、ラックメッキに変更すると、擦れキズは皆無になりますが、バレルメッキよりも大幅に加工効率が低下するため、メッキ加工のコストアップとなってしまいます。

コストダウン事例

After

バレルメッキ処理を行うプレス加工品の材料変更による品質向上設計 After

ブライト材を使用して部品にバレルメッキを行い攪拌による擦れキズが目立つ場合、メッキの加工方法を変更する他にダル材へ材料変更する方法があります。ダル材でプレス加工したものをバレルメッキ処理をした場合、ブライト材仕様よりも攪拌による擦れキズが目立ちにくく表層はダル仕上げで均一感が出せます。これにより素材変更による歩留まり向上でコスト削減となります。

バレルメッキ処理製品は処理時に攪拌を行う事により、メッキ膜厚のバラツキを均一化するため、製品に対してある程度の接触ダメージ( キズ・打痕) が生じる事があります。ブライト材で擦れキズが目立ってしまう場合は、ダル素材を選定する事により表層のキズが目立ちにくくなると同時に、素材の強度が増し、打痕が発生しにくくなります。設計者は表面処理工程まで考えた素材選定行うことで外観品質を安定させることができます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。