メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

バレルメッキ処理へ対応した形状変更によるラックメッキ処理からの工法変換コストダウン①

Before

バレルメッキ処理へ対応した形状変更によるラックメッキ処理からの工法変換コストダウン① Before

 

上図の様なテーパ筒状製品にバレルメッキ処理を行う場合には、製品同士が重なり合ってしまいます。製品同士が重なり合う箇所は、メッキ不足による品質不具合となるため、ラックメッキによる個体処理を行います。バレルメッキは短時間に大量の製品にメッキを施すことができますが、ラックメッキでは個体処理となり、時間当たりの仕上り数が少なくコスト高となります。

コストダウン事例

After

バレルメッキ処理へ対応した形状変更によるラックメッキ処理からの工法変換コストダウン① After

仕様上問題がなければ、上図のようにテーパー筒製品に段や絞りを入れることで、製品同士が重なり合うことを防止することができます。製品同士の重なりを防止することで、ラックメッキで行っていたものを、一括大量処理が可能なバレルメッキに加工方法を変更することができます。バレルメッキに変更することで、時間当たりの仕上り数が大幅に増加し、コストダウンとなります。

製品同士が重なる場合はバレルによる大量処理が難しく、ラックでの個体処理となりコストが高くなってしまいます。製品同士のはまり込みや絡まりを設計段階で予防することにより、バレルでの大量処理を可能とし大幅なコストダウンになります。このように、設計者はメッキ加工の効率を考慮した形状設計を行うことでメッキ製品のVAを図ることができます。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。