メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

メッキ.com よくある問合せ

Q -よくあるご質問

バレルメッキで水に浮く形状のワークでのバイポーラ対策はありますか?

A -メッキ.comからのご回答

バイポーラ現象とは、陰極に接していないワークで電池反応が起こることで局部的に溶解して発生するメッキ不良のことで、特にバレルメッキでは、ワークが底付き円筒缶のように内部に空気が溜まる形状の場合に、メッキ槽にバレルが投入された直後に一部のワークが浮遊することがございます、この状態のまま何も対処をしないでメッキ加工を行うとバイポーラ現象によるメッキ不良が発生してしまいます。(写真1)

 

メッキ.comでは、バレルメッキにおけるメッキ浴中のワークの浮遊対策として、下記の様な対応を実施しております。

①  メッキ槽の液量をバレルが完全に浸かるように液面制御を行い、浮遊するワークにバレル角が必ず接触するようにして、強制的なワークの傾きによる空気抜きにより、ワークを沈める方法を実施。(図1)

②  更に、バレルの内部にワークを強制的に沈める治具を設置して、ワークの接触傾きによる沈降をより確実にする方法を実施。

③  ①②により完全に沈んだワークへの急な過電流を防止する対策として、バレル投入時の電流設定を悪影響のない電流に自動的にコントロールする方法を実施。

などで、ワークの浮遊によるバイポーラ現象のメッキ不良の発生は無いよう予防されています。

メッキ.comでは、バレルメッキに関して、多数の経験と実績が御座いますので、お困りの方は担当者までご連絡下さい。

バレルメッキで水に浮く形状のワークでのバイポーラ対策はありますか?

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。