メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

第39回 使用環境とメッキ耐食性

投稿日:2019年3月28日

 

メッキの重要な特性として耐食性があります。

亜鉛メッキやニッケルメッキ、クロムメッキなどが代表的な耐食性メッキとして挙げられます。

上記の様に耐食性という言葉は多く聞かれますが、一体何に対する耐食性なのでしょうか。

 

メッキにおける耐食性とは、母材をどれだけ錆から守ることができるかを表した言葉で、

一般的にメッキでの耐食性は水や海水などの自然環境に対しての評価になります。

評価方法は塩水噴霧試験によってメッキの耐食性を評価します。

 

酸やアルカリ、溶剤など各種薬品に対する耐性は、耐薬品性として評価されます。

 

メッキによって耐食性は高くても、薬品の種類によって耐薬品性が低い場合があります。

例えば、亜鉛メッキやクロムメッキは塩水噴霧試験では非常に優位なメッキですが、

塩酸雰囲気では素地が錆びてしまいます。

他にも、ニッケルメッキは中性~アルカリ雰囲気に比較的強く、

スズメッキは中性~酸雰囲気に比較的強いなどの傾向もあります。

この様にメッキ金属の種類によって耐食性や耐薬品性が異なります。

 

実際の使用環境では単一雰囲気だけでなく、様々な物質が複合的に存在する雰囲気もあるため、

「どれだけ耐食性が持つのか」という質問に対して断言することが出来ません。

ですが、塩水噴霧試験の結果や薬品浸漬による結果は出すことが出来ます。

各種メッキ金属に対する耐食性及び耐薬品性につきましては、

メッキ.comまでお問い合わせください。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。