メールでのお問合せ

メッキ.com

メッキ.com

Produced by 旭鍍金工業株式会社

メッキ製品のコストとリードタイムを削減し、製品の市場競争力を向上させる表面処理の技術知識を提供する専門サイト

設計段階からのメッキ最適化設計で
コストダウン・品質向上
機能性向上・納期短縮
を実現!

金属と樹脂を接着剤レスの接合により設計段階から製品のVA/VEを実現する技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

製品の市場競争力を向上させる部品設計のコストダウン・VA/VEのためのめっき部品設計めっき選定技術ハンドブック

先着100名様限定 無料プレゼント中!
本サイトからの請求はこちら
イプロスからの請求はこちら

第32回 ニッケルメッキと後加工

投稿日:2018年8月24日

 

最終製品の表面がニッケルメッキされた製品を設計する際には、幾つかの方法があります。
例えば、加工前の金属にニッケルメッキ処理する方法や加工後にニッケルメッキする
方法などがあります。

これらにはそれぞれ特徴があり、それを留意した上で設計することで、
より性能の良い製品になります。

・加工前にニッケルメッキをする場合
コイル、フープ材などの金属板や一次加工後にニッケルメッキをする際には、
クラックについて留意する必要があります。
クラックとは割れのことです。
ニッケルメッキ後に加工することで、ニッケルメッキ表面が割れてしまう為、
本来の耐食性が維持できなくなってしまいます。
また、切断加工がある場合には切断面は素材金属がむき出しとなります。

・加工後にニッケルメッキする場合
凹凸や直角部の多い設計では、1個体内でのメッキ膜厚分布のバラツキが大きくなります。
必要なメッキ膜厚が決まっている場合には、どの部分の膜厚が必要なのかを
決める必要があります。

メッキ.comでは年間何千件ものニッケルメッキを施しており、
多数の経験と実績があります。
ニッケルメッキにつきましては、メッキ.comまでお問い合わせください。

表面処理のことなら、メッキ.comにお任せください!

私たちが皆様の悩み事を解決いたします。